受験生の夜食はこれを食べよう!!

体のこと

受験生の子供が夜遅くまで毎日勉強する姿を見て、親としてできる限り応援したいですよね。

 

食事の栄養面と睡眠は受験生にとって、とても重要になってきます。

子供の勉強を変わってやることはできないので、

あとは、合格まで栄養面と睡眠と精いっぱいフォローしてあげたいと思います。

 

勉強をしていると脳を使っているためお腹がすいてきますね。

ここで夜食を食べても寝てしまう事もあるし・・・

 

そんなお子様にとっておきの夜食を紹介します。

 

夜食って必要なの?

 

勉強をしていても、必ず夜食が必要とは限りません。

胃が温まると眠たくなるので、集中力がなくなる可能性があります。

問題を解いているときは、食べずに問題に集中するほうが効率が良いですね。

夜食を食べるタイミングはいつ?

 

3度の食事をしっかりとった上で、空腹で勉強に集中できない場合や気分転換をしたい時に夜食を食べることをオススメします。

 

少し気分転換したら、夜食を食べる前に煮詰まって解けなかった問題が夜食後に解けたりします。

 

これは、頭の中がリセットされてスッキリしたからだと思いますね。

ですから、問題に行き詰っていたり解けなかったりするタイミングで夜食を食べて気分転換をオススメします。

 

どんな夜食がよい?

何でもかんでも夜に食べたらいいっていうわけではありません。

やはり、消化の良いもの、口当たりの良いものが体に吸収されやすいです。

冷たいものは胃の負担になります。

 

体を冷やさないためにも、温かい食事をオススメします。

寒い季節には生姜を入れたり、あんかけにすると体が温まりますよ。

春雨のスープやおかゆ、うどんなど汁物が食べやすいですね。

 

それでも量が多かったら眠たくなったり、胃がもたれて睡眠が浅くなり翌日の体調にも影響が出ます。

 

夜食は、200カロリーを目安に、小腹を満たす程度の軽めなものにしましょう。

 

夜食の基本は、胃に負担をかけない消化の良いもの、脳のエネルギーとなる糖質を含むもの。

 

脂肪分の多いものは消化が悪く、お菓子などの甘いものは腹持ちが悪いため満足感がなく食べ過ぎてしまいがちですので、オススメできません。

 

そして、よく噛んでゆっくり食べるようにすると、少量でも満足感を得られます。

また、よく噛むことで脳が刺激され、頭がスッキリする効果もあります。

最後に

受験勉強は心身共に厳しいものです。

この夜食を取り入れて、少しの時間も気持ちが落ち着けばいいなと思います。

 

これからが追い上げ勝負の時です。

しっかり栄養を取って希望校に合格できるよう応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました