自由が欲しければ、多少の縛りは必要?

お金のこと

最近、高校生の長男が「自由がほしい」と言い出しました。

漠然と「自由」っていうけど
本当はどうなんでしょうか??

「自由」について書いてみたいと思います

 

自由と感じることは人それぞれ

そもそも「自由」と感じるのは人それぞれ違うはず。

私が「自由」だなぁとおもっても長男にしたらなにも感じないかもしれない。

私が「自由」だと思うことは

1、自由に行動できる

2、自由に時間を使うことがてきる

3、自由に飲食ができて睡眠がとることがてきる

まだまだあるけど、パッと思い当たるのはこれぐらいかな

この3点の「自由」を可能にするのはある程度の「縛り(準備)」がないとすぐに行動に移せません。

行動する前の準備が大切?

 

たとえば

1、自由に行動できるのはそれまでにやらなければいけない事を済ませておく。

 

2、自由に時間を使いたければ
計画を立てて無駄がないように時間をやりくりしなければなりません。

 

3、自由に飲食して睡眠をとりたければ、事前に何を食べたいかを考え買い物し調理しなければなりません。

そして睡眠したければ、布団を出して睡眠前にはお風呂に入って、着心地のよいパジャマを着て…

この場合はパジャマを洗濯して準備するという作業が発生しますね。

 

以上のように「自由」を手に入れたければ、それに伴う「縛り(準備)」が、必要です。

まとめ

 

長男のいう「自由」とは、なにもやりたくない、

動きたくないというメッセージだと思いました。

 

こういう時は体が疲れていてメンタル的に弱っています。

 

良質なたんぱく質をたべて、ゆっくり寝るのが一番!

ということで、私はこれから食事の準備をするとこにします。

コメント