友チョコ交換していてもお返しは必要?いつ渡すの?

未分類

最近のバレンタインは本命よりも友チョコ。

小学生になれば女子ははりきって友チョコを用意します。

好きな男の子には本命を渡すんでしょ?と聞いたら本命なんか渡さなくても好きって告るから友チョコだけ作るという娘。

 

バレンタイン事情も変わってきていますね。

バレンタインのお返しといえばホワイトデーですが、友チョコのお返しもホワイトデーにするの??

 

そのあたりのイマドキの友チョコ事情をご紹介します。

バレンタインに友チョコを交換していてもお返しは必要なの?

 

小学生になればバレンタインに友チョコを手作りする子も多く好きな男の子に渡すというより身近な家族や習い事の先生、仲の良い友達に友チョコとして渡すことが多いですね。

 

そして仲の良い女子の友達の場合は相手からも友チョコをもらったりします。

つまりバレンタインは女子にとって仲の良い友達から友チョコの交換の日でもあるわけですね。

 

そしてバレンタインにお互い友チョコを贈りあって交換しているのですから、もうそこでお返しも済んでいるといえます。

 

バレンタインに友チョコを贈り贈られて交換している場合は、お返しをどうしようとか考えなくても大丈夫ですよね。

 

あらかじめ友達同士で交換しようね!なんて約束してたりもしますから友チョコ交換の約束してた同士で話が終わればそれにこしたことはありません。

 

しかし、思ってもみなかった友達からもらったとか、友チョコを配ってるうちに足りなくなってしまったとか。

 

余分に友チョコを用意していてもたりなくなって友チョコを渡せなかった友達からもらった場合はお返しを考える必要が出てきます。

こんな場合は友チョコのお返しが必要

友チョコのお返しを考える場合は

 

  • 友チョコ交換をしなかった友達からもらった場合
  • もらもと友チョコを全然用意していなかったけど、もらった場合
  • またはもらった人にだけ友チョコを渡したいと思ってた場合

 

以上の場合が考えられますが、問題はいつお返しをするかということです。

 

本来のバレンタインのお返しはホワイトデーですが、女子同士の友チョコの場合は翌日から3日遅れても大丈夫です。

 

渡すお友達にいつ頃お返しするのか言っておいたほうがいいでしょう。

 

また、いただいたものへのお返しは必ずしたほうが良いです。

こういう時に「プレゼントされたらお返しをする」というマナーを学べる良い機会になります。

友チョコを通してマナーを学べるまとめ

たかが友チョコ。されど友チョコです。

「プレゼントを頂いたらお返しをする」という社会のルールを友チョコを通して学ぶことができます。

 

社会性を身につけるには、友達付き合いも大切です。

このように友チョコを渡してそしてもらって・・・をすることで、知らず知らず社会性が備わってきます。

 

小学校の時からこのような経験をして、成長してくれると嬉しいですね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました