ダイソンコードレス掃除機を買うなら長期保証をつけたほうがいいわけ

お金のこと

ダイソンのコードレス掃除機が壊れました

 

購入してから2年3ヶ月たっていたので、ダイソンのメーカー保証の2年が使えませんでした

 

結局、ヘッド部分を取り寄せて購入しましたが、この時に思ったのは買った時に、メーカー保証以外に長期保証に入っていたらよかったと思いました

ダイソンコードレス掃除機のモーターヘッドが回らない

そもそもなぜ故障とわかったのか?

 

「吸引途中でモーターヘッドのモーターが回らなくなってしまう」という点です。

 

モーターヘッドというのは、掃除機の先についている吸い込むところです。

 

でも、これが完全に回らないわけではなくて、吸い込んでいる途中に止まって、また急に動き出して、また止まって、またいきなり動き出して・・・

 

というのを繰り返す感じ。

 

完全に動かなくなった訳ではないし、本体はちゃんと吸引はしているし。

 

でもゴミの吸引力は確実に下がっていて、掃除機を動かした後もゴミが吸い取ってくれず残っているという現実。

 

確実にゴミを吸わないことに対してのストレスと、掃除機をかける時間が自ずと長くなるので思い切ってサポートセンタ―に電話したのです。

ダイソンのサポートセンターに電話してみる


サポートセンターって、いつも混んでて待たされる印象でしたが、アナウンスに従ってボタンを押していくと意外とあっさり繋がりました。

この時に製品登録をした時の電話番号を聞かれました
するとすぐに購入時期や商品名がわかるので、話す手間がなくスムーズにモーターヘッドが回らなくなったことを伝えることができました

 

サポートセンターに電話するときの注意点

まず、電話する際の注意点を。

「あらかじめダイソンの保証が受けられるように、ダイソンのユーザーサポートに登録しておく」

これホントに大事です。

これだけで、円滑にサポートを受けることができます。

で、保障期間内であれば、故障個所によっては無料で部品を送って頂けます。

 

ユ-ザ-登録はダイソンの製品を購入した時についているハガキやダイソンの公式オンラインサイトで登録ができます
https://www.dyson.co.jp/product-registration/registration.aspx

 

ユ-ザ-登録のメリット

  • 登録が数分でおわる(ハガキなら必要事項を記入して投函するだけ)
  • 2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる
  • 日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • ダイソンは回収から返却まで72時間以内の対応を目指しており、スピーディな対応が受けられる

このユ-ザ-登録は国内正規品のみ対象です。つまり、国内正規品のみダイソン社のサポートが受けられるということです。
並行輸入品の方が若干安かったりしますが…

 

2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができます
また日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられますので安心です。電話による対応で解決できない場合は、引き取り修理になります。

 

保証期間内であれば、宅配業者が自宅まで回収に来てくれる上に、着払いで発送するので配送料も不要です

 

 

細かいことですが、製品登録を行っている場合は、自分で住所氏名を書く必要もありません。

 

ダイソンは回収から返却まで72時間以内の対応を目指しており、スピーディな対応を受けられますよ!

サポートセンターに提示された故障の原因と対策

 

まず、サポートセンターのお姉さんが提示してくれたのは以下の原因と解決策。

① モーターヘッド自体にゴミがからんでいる

解決策→これはダイソンの説明書にも記載されていますが、ヘッドを分解してからんでいる髪の毛などを取り除く。

 

② 本体と、ゴミポットの接触不良で通電しづらい。

 解決策→接触部にゴミが溜まって接触不良になっていることが多いため、そこのゴミを取り除く

 

②はモータヘッドが動かなくなる原因として1番多いもので、

①は電話する前にあらかじめやっていたので、

②を試してみました。

 

最初はどの部分なのかわからなかったのですが、サポートセンターのお姉さんが非常に丁寧にやり方を説明してくれました。

 

それでもモータ―ヘッドのモーターが回りません。

やっぱりこれで修理かな?と思っていたら

ヘッド部品の購入を勧められました

 

メーカー保証期間を過ぎていると有償購入になる

 

当たり前なんですけど、メーカー保証期間が過ぎると有償購入なんですよね。

私としては二年たらずで故障する掃除機ってなに?!って思うわけですが、しかたがありません。

 

しかもヘッドが回らなくなったのは、12月26日。

年末の大掃除に掃除機が使えないなんて大ピンチです

しかたなく、ヘッド部分を有償購入することにしました。

せめて8640円...

 

年末の出費のかさむときにこの修理費はつらい。

そして、このように思ったわけです。

 

長期保証に入れる家電店で買う

 

メーカー保証が2年なので、それよりも長く保証がある長期保証に入ったほうがいいと思ったわけです。

 

長期保証に入れるのは購入した時だけなので大型量販店などの家電店で申込ができます。

 

コジマ電気やエディオンやイオンなどは5年・10年と長期保証がついているところもあります。

 

毎日使うからこそ、掃除機に愛着がわく

コードレス掃除機のメリットは手軽に掃除機が出せて使えるところです

私は、子供が小さいからお菓子の食べこぼしのゴミが落ちても、コードレス掃除機でササッと掃除します。

 

そのうち子供たちも自分でダイソンの掃除機を出してきて、自分で掃除機をかけるようにもなりました。

毎日何度も使っていたら掃除機も愛着がわくんですよね。

これからダイソンの掃除機を買おうと思っている人へ

私はダイソンはメーカー保証が2年ついていて、「1年よりも2年なら長いし他の長期保証はつけなくてもいいかかな。ダイソンの掃除機はそんな簡単に壊れないだろうし。」と思っていました。

 

しかし、コードレスなのでたくさんの配線が本体やヘッド部分に通っていて、一本でもその配線が切れると掃除機としての機能が落ちてしまいます。

 

この長期保証は購入時しか加入できません。

あとからは付けれないので、ぜひ購入した時に長期保証をつけることをオススメします。

最後に

私は、なかなかモノが捨てられず、一つのものを長く大切に使いたいという思いが強いです。

 

壊れたら買い替えるチャンスとも言いますが、できるだけ修理して使いたい。

 

ましてや、まだ2年と少ししか使っていないダイソンの掃除機なのでまだまだ現役で掃除してもらいたいのです。

 

ですから、この長期保証があれば修理しながらもお金が最小限に抑えてモノも長く大切に使えると思いました。

 

私はこの長期保証に入っていなかったので、この先、またダイソンの掃除機が故障したら有償で直して、長く大切に使おうと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました